yukatoyama.com

めくるめく私の日々。

MENU

20代の<こじらせ>恋愛論、やります。

スポンサーリンク

f:id:yuka1107t:20180416223658j:plain

created by madoka goto

 あなたにとって「こじらせ」ってなんですか?

こじらせって聞くとなんかアレな感じすると思うんですけど、私はこじらせてるっていいことだと思うんですよね。

こじらせてるって、たぶんちょっと深く考えすぎてるとかこだわり強すぎるとか、たぶんそのあたりだと思うんですけど。

 

あ、でも、こじらせてるの意味合いは人によって違うか。

私の思う共通イメージは、合コンとかマッチングアプリで知り合った人とか、それ以前に普通の飲み会で、こじらせなんて一言が出た途端「試合終了」。

 

だけど、私は積極的に「こじらせてます!」と発信していきたい。し、こじらせている人だって堂々としていいと思うし。

だから、この際開き直って、こじらせ切ってみたいなあと。「みんなでこじらせれば怖くない!」

 

割とガチな話をすると、

世の中恋愛とか結婚とかそのあたりの話、いろんな形で取り上げられてますよね。

いろーんな価値感が変化しているこのご時世、結婚相手の選び方も変わるし、てことはカレカノの選び方も変わるし、結果恋愛の形もさまざま。

そんな渦中にいるミレニアル世代が私たちです。前例もないし、まわりを見渡しても「なんか違うんだよな〜〜〜」って思うことありません?

もはやAIに条件言ったら「あなたの運命の人はこの人!」とか決めてもらったら楽だと思ったことも数え切れず、あとお付き合いお試し期間とかあったらよくない?3ヶ月後にフィードバックしあうやつ。

ちなみに私は元カレとは好きだから付き合ったわけではなく、私の条件にあてはまったので付き合いました。演繹法の日常的実践例として取り上げられてもいいと思う。

「わ〜こいつこじらせてんなー」って思ったそこのあなた、5/11(金)夜根津で、お待ちしております。

kojirase01.peatix.com