読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukatoyama.com

めくるめく私の日々。

MENU

東京で外国人観光客のお困りごとを解決するおせっかいジャパンに参加してきた

おせっかいジャパン
スポンサーリンク

おととい、私の大好きなおせっかいジャパンに参加してきました。

 

おせっかいジャパンとは何ぞや?という方はこちらへおせっかいジャパンについて。 - yuka's blog !

5月24日に行われた活動には総勢24名が参加。ちなみに過去最多です。

 

最初は恒例のおせっかいジャンプ!

f:id:yuka1107t:20150526122114j:plain

このあと渋谷新宿、浅草、銀座、新橋など8チームに分かれて行動開始。

私は新宿渋谷エリアの担当でした。

ということで、今回はおととい私がしたおせっかいを紹介します。

言語がちゃんと通じなかったけど

①新宿駅の東南口と東口の間でなにやら話し込んでいるカップルを発見。
どこからの方かわかりませんでしたが、とりあえず「May I help you?」と声をかけてみました。
すると英語がうまく話せない様子でしたが、ロッカーとスーツケース的な単語を聞き取れたので、ロッカーにスーツケースをいれたいことが判明。近くのコインロッカーへ向かうと、すぐに空いてるコインロッカーが見つかりました。
2人は3日間日本に来ており今日この後韓国に帰るとのことでした。

f:id:yuka1107t:20150526170647j:plain


②渋谷駅西口の地図ボードの前でガイドブックと地図を交互にみているカップルを発見。
このカップルもどこからの方かわからなかったのですが、英語のパンフレットを持っていたので、「May I help you?」と声をかけてみました。
するとガイドブックを差し出され代官山に行きたいと言われました。
東横線でいけるよ、とJRの改札から東横線の出入口まで連れて行きました。
彼らも3日間日本に旅行にきたとのこと。あまり英語が通じず、会話はなかなかできませんでしたが、最後写真を撮っていいか聞くと喜んで一緒に撮ってくれました。

 

韓国人にはほとんどおせっかいをしたことがなく、そして言語が通じないおせっかいも久しぶりでした。

おせっかいに言語は必要不可欠と考えている方も多いかもしれませんが、実際にはこのようにほとんど使わずにおせっかいもできます。

改めてそう思えたおせっかいでした。

 

f:id:yuka1107t:20150526170712j:plain

話すだけでもおせっかいに。

西口の地上出入口付近でふらふらしているとご年配の夫婦に声をかけられました。
通訳のアプリで「京王プラザホテルはどこですか?」と聞かれました。
ホテルならここから歩いて10分くらいだよ、というとshoppingと言われたので、デパートだとわかり、すぐ近くだったのでご案内しました。
彼らはハワイからの観光客で、10日間くらいこちらにいるとのこと。わたしのTシャツのインフォメーションマークを見て声をかけてくれたようでした。最後に「料金はいるの?」と聞かれたので、ボランティアだからいらないことを伝えると、良い活動だねと言ってくれました^^
大したおせっかいではありませんでしたが、そのあとも色々立ち話をし、最後には「Nice to meet you!」と言ってくれ嬉しそうな様子でした。そして写真を撮ってお別れ。

 

このように助けるだけでなくて、会話をするだけでも喜んでくれることもけっこうあります。さすがにそのへんにいる外人に話しかけることはできませんが、少しでも困っている様子だったら話しかけてみてもおもしろいかもしれません^^

f:id:yuka1107t:20150526170630j:plain

おすすめの観光地を聞かれたら?

新宿駅東口付近でガイドブックを見ている男の人3人組に「May I help you?」と声をかけました。
彼らは目的地があって迷っているわけでなく、どこにいくか悩んでいました。おすすめのスポットを聞かれたので、明治神宮をおすすめしました。
行き方を教えようとすると、なぜか地下鉄マップしか持っていなかったため、使う路線と駅名と明治神宮を書いた紙を渡しました。

その前に新宿駅西口で話しかけた地図ボードの前に立っていた中国系と欧米系の二人組も行き場所を考えてるところでした。彼らは最初多摩川公園に行くと言っていて、それが遠いことを説明すると、おすすめのスポットを聞かれました。話を聞くと彼らは自然が見たいとのことだったので新宿御苑を教えました。

 

外国人(特に欧米人)は旅行の計画を立てずに来る人がけっこう多いです。というかほとんどです笑

なので、やはりこういったことで困る人はたくさんいるんですね。おすすめの観光地もいくつか覚えておくと役立つことがあるかもしれません。

それにしてもどうしてJRマップではなく地下鉄マップなのか、、。

f:id:yuka1107t:20150526170613j:plain

やっぱり英語表記!

都営浅草線の改札前には大きな地図ボードがあり、改札をでてくるほとんどの外国人観光客はそこで立ち止まります。
私たちはそこで長く立ち止まっていた二組に声をかけました。
二組ともホテルに向かうところで、
両方とも地図に書いてあったので簡単にその場で道順を説明しました。
二組目におせっかいをした女の子二人組もそんなに遠くないから大丈夫だろうと思い、その場で説明し、別れました。
そのあと私たちも浅草寺に向かうつもりだったので、無事つくといいなーと遠くから見守っていると、

目的地のホテルの近くを素通り。呼び止めて最後まで案内しました。


そのホテルは大きな看板があるにもかかわらず英語は書いてなくて日本語だけ。
外国人が予約できるようになっているのなら英語表記があればいいのに、、と思いました。

観光地を歩いててつくづく思うのは、観光地にあるお店は言語の表記を加えれば他のお店と差別化できるんじゃないかな、と。多少高くても、外国人にとって理解できるという付加価値だけで買ってくれると思います。

 まとめ。

この文章はおせっかいジャパンのFacebookページにこれから投稿されます。

他のチームメンバーに書いてもらっているものや細かいおせっかいを含めたら昨日は11おせっかいできました。

昨日は前回よりもあまり外国人を見かけなかったため、見つけたら絶対話しかけるようにしました。

その分断られることも多かったのですが、たくさんおせっかいできました。

最初は断られるとぐさっとダメージを受けてましたが、もうおせっかい歴1年くらいになると何も感じなくなります。笑

現在webページ制作中でして、それに伴い組織として色々整えているところです。

いまのところこの団体は参加者を増やすことではなく、この活動を理解してくれる人を増やすことを目的としているので、今後も人数は増やさず、情報の発信というところに力をいれていきます。

これからブログのネタの一つとして過去のおせっかい+感想も記事にしていきたいと思っています。